読込中

河合 将生
KAWAI Masao

ムラのミライ監事
河合 将生

プロフィール

国際交流・協力分野の中間支援組織の職員を経て、NPO/NGOの組織基盤強化コンサルタントとして起業し、組織の立ち上げ支援や、組織診断・評価、マネジメント支援、ファンドレイジング支援など、組織運営上の課題解決のための研修・コンサルティングを、各団体に寄り添い、伴走する形で行っています。「外部の第三者として各団体に関わる際に、各団体と当事者が抱える課題を見極め、持続的な成長を後押しするにはどうすれば良いか…」。まさに第三者として、監事としての役割を全うするための方法論として出会ったのが、書籍『途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法』であり、ムラのミライさんの活動方法論である「対話型ファシリテーション/メタファシリテーション」でした。シンプルな対話を通して当事者主体の学びと気づき、さらには行動変化を促すという手法との出会いは、まさに「目からウロコ」の体験で、現在の私の基盤となっています。社会的課題解決に取り組む人・団体にとって多くの示唆が得られるものと感じています。私自身も学びと実践を積み重ねながら、継続して関わっていきたいと思います。

メンバーカテゴリー

copyright © ムラのミライ