メタファシリテーション フィールドワーク研修@岐阜県郡上市

In 12 フィールド研修 by master


猪鹿庁×ムラのミライで農村集落の獣害最前線を解体!
〜本当に必要な支援とは?対話型ファシリテーションで地域の未来を創造しよう〜

森と清流の美しい岐阜県郡上市大和町母袋(もたい)地区。この美しい地域のあちこちに柵、柵、柵。近年、猛烈な勢いで増加する猪や鹿が、農作物を荒らし続けています。
この獣害を何とか解決しようと取り組んできた母袋地区の方々、そしてそれを支援し続ける地元のNPO法人「メタセコイアの森のなかまたち(獣害対策は同NPO内の猪鹿庁が担当)」。ムラのミライでは、猪鹿庁との共催で、郡上市大和町母袋地区をフィールドに、ワークショップ&フィールドワークを通して、事実の積み重ねから現実を分析していくメタファシリテーション技術を学ぶ実践研修を実施します。
『途上国の人々との話し方』の共著者でありメタファシリテーションの生みの親でもある和田信明と、『南国港町おばちゃん信金』の著者原康子が講師となり、メタファシリテーションの基礎を学び、実際に地域の課題を分析、ミライの作り方を学ぶ3日間です。
国際協力のコミュニティ開発プロジェクト現場で活躍してきた二人の日本国内でのフィールド研修です。ムラのミライが長年積み重ねてきた経験と手法は、農山村での地域おこし、まちおこし、に役立つのみならず、教育や福祉など対人支援に携わる方、これから海外のスタディツアーや調査に参加する学生さんにもオススメです。
★この研修は、ムラのミライ主催の「メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)入門セミナー」を修了した方のみ、参加して頂けます。
→メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)入門セミナーの開催日程はこちら

このフィールド研修の直前に、岐阜市でも入門セミナーを開催します。11月3日(木)18時半から20時半

研修の特色1

じっくり学ぶ少人数制

少人数だからこそ、全員が事実質問の練習をすることができ、講師や参加者同士の議論によって疑問もその場で解消していけます。
ページトップへ
FWimage02

研修の特色2

現場での実践練習+コーチング

美しい森と水にあふれる郡上市大和町母袋地区をフィールドに、参加者自身でメタファシリテーションの練習と振り返りを繰り返す、実践型の研修です。

FWimage01

ページトップへ

開催期間

2016年11月4日(金)から2016年11月6日(日)
※ この研修は現地集合・現地解散です。

開催場所

岐阜県 郡上市 大和町

こんな方におススメ

海外・国内問わず、コミュニティ開発、地域づくり、まちづくりなどに携わっている/携わっていたことのある方。将来そうした分野で活動・仕事をしたいという方。獣害対策に関心がある方、その他、温泉も研修も一度に楽しみたいという方。
ページトップへ

講師

和田 信明 ムラのミライ 職員 「途上国の人々との話し方」共著者
原 康子 ムラのミライ 認定トレーナー

プログラム(3日間)

日付 プログラム
1日目 12:30 受付
13:00-15:30 まちあるきの方法その1’観察”(座学)
15:30-17:30  まちあるき (フィールド)
17:30-19:00  観察のまとめ  (座学)
19:00-21:00  夕食 & 交流会
2日目 8;00-9:00      朝食
9:00-10:00   観察の発表 (座学)
10:00-12:00  まちあるきの方法その2″事実質問と調査” (座学)
12:30-13:30  昼休み
13:30-17;30  事実質問練習とまちあるき(フィールド)
19:00-21:00  夕食
3日目 8;00-9:00        朝食
9:00-10:00    まちあるき成果発表(座)
10:00-12:00  次に必要な調査について(座学)
12:00-12:30   まとめ
12:30-13:30   昼食

ページトップへ

参加条件

・18歳以上(但し高校在学中の方を除く)
メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)入門セミナーを修了していること。
・ムラのミライが指定する国内旅行保険に加入していただきます。

研修参加費

ムラのミライ会員/サポーターの方   60,000円 (会員割引価格)
ムラのミライ会員/サポーター以外の方 65,000円

会員・サポーターになる

*研修お申し込みと同時に会員になられた方にも、会員割引価格が適用されます
この機会に会員・サポーターに入会しようかな・・・という方は、こちらから詳細の確認・入会手続きができます。

※研修参加費に含まれないもの

・集合場所までの旅費

宿泊

母袋温泉・アウトドアイン母袋予定。変更があれば、申込みいただいた方に随時ご連絡します。

最少催行人員・定員

最少催行人員 7名
※参加申込書7名分を受け付けた時点で催行を保証します。
募集定員 12名
※12名に達した時点で募集を締め切ります。

協力団体

NPO法人メタセコイアの森の仲間たち (猪鹿庁)
〒501-4601 岐阜県郡上市大和町大間見307番地 大和ふれあいの家
TEL:0575-88-1085 / FAX:0575-88-1086

問い合せ・申込み

以下の事項をご明記の上、info「@」muranomirai.orgまでお申し込みください。件名には、「申し込み」あるいは「問合せ」と明記してください。
★マークの事項は必須です。

★参加したい研修名・日時・場所 (例:フィールド研修、11月4日~6日、郡上)
★お名前
★ご自身のメールアドレス
(お申込み・お問合せ内容について、事務局より確認のメールをお送りいたします。お申込みに携帯電話メールアドレスをご利用の場合はドメイン「muranomirai.org」からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします)

●ご住所
●お電話番号

●【会員・サポーター割引き】の適用をご希望の方は、その旨お知らせください。

●お問合せ内容

※9月29日より、システム不具合のため、お申込み・お問合せ受付方法を変更しました。
9月29日・30日にお申込み・お問合せをしていただいたにも関わらず、事務局から返事がないという方は、大変申し訳ございませんが、info「@」muranomirai.orgまで、ご連絡いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 


関連イベント

【入門】メタファシリテーションって何?気軽に知りたい 2時間講座
→メタファシリテーション 入門セミナー
【基礎】本格的にメタファシリテーションを学びたい 1日講座
メタファシリテーション 基礎講座
【実践】色々なフィールドワーク研修の情報を見てみたい
メタファシリテーション・フィールドワーク研修  インド、ネパールなど

メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)とは

市民活動の現場で、同僚や学生とのやり取りの中で、こんな迷いを抱いたことはないでしょうか?
「どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか」
「援助者として、協力者として、教育者として相手の前に立った時、何をどう話せばいいのか」
「こちらから『導いて』よいのか、相手から『学ぶ』べきなのか」
メタファシリテーション(対話型ファシリテーションとは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援する実践的な技法として、ム ラのミライの共同代表である和田信明と中田豊一が開発した手法で す。この手法がまとめられた著書「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」は口コミで広まり、青年海外協力隊など国際協力の現場で活躍する人の間で、必読の書となっています。

メタファシリテーションは、身の回りの問題の解決にも有用です。例えば、家族や友人の悩み相談、職場での会議 や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りを充実させることができます。

参考書籍