メタファシリテーション トピック別セミナー「失敗から考える国際協力 それってホント?を問い続け・・・」

In 104メタファシ トピックセミナー/テーマ別講座, 11 イベント by master


Nishidasan02
「あなたは、何がほしいですか?」
「車がほしいです」
さて、その答えはホントでしょうか?

「この村の課題は何ですか?」
「学校がないことです」
さて、その答えはホントでしょうか?

青年海外協力隊に参加したことから始まった、「国際協力のおシゴト」。その後も専門家としてとしてインドネシア・アフガニスタン・東ティモールなどでODAプロジェクトに従事してきた西田さん。
インドネシアで実施したPKPMプロジェクト・CDプロジェクトでは、ODAとしては前代未聞の「モノも配らない、建物や設備も作らない、ひたすら人を育てるだけ」プロジェクトの仕掛け人として和田信明・中田豊一とチームを組み・・・今もインドネシアで活躍するマスターファシリテーターたちを輩出しました。
(マスターファシリテーターたちが自ら実施したフォローアップ研修の様子は研修レポート「先入観と戦い、変えていくファシリテーション」をご覧ください

「貧しい国を救うのは良いこと」と信じて疑わなかった地点からスタートして30年・・・「それってホント?」を素朴に問い続けてきて、いま西田さんが考える
「失敗プロジェクト」とは?
「村おこしと国づくり」とは?

インドネシア・アフガン・東ティモールから磐田まで、実体験だけに基づいた、他では聞けない「超・地上戦の国際協力・地域づくりバナシ」をお届けします。

200601~02 (2)

★ムラのミライ主催のメタファシリテーション(対話型ファシリテーション)入門セミナーまたは基礎講座を修了した方/これから参加を検討している方におススメのセミナーです。
→入門セミナーの開催日程はこちら
→基礎講座の開催日程はこちら

話し手 西田基行 (特活)磐田まちづくりネットワーク まちづくりサポーター/コミュニティ・ファシリテーター
聞き手 宮下和佳 (特活)ムラのミライ 専務理事

日時 2016年6月18日(土)午後2時半から5時
会場 日本橋多目的スペース (東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1 KNビル5階 )
定員 30名
参加費 2,000円
★ムラのミライ会員/サポーターの方は、参加費が20%割引となります(割引400円

会員・サポーターになる

*セミナー参加お申し込みと同時に会員になられた方にも、割引が適用されます
この機会に会員・サポーターに入会しようかな・・・という方は、こちらから詳細の確認・入会手続きができます。

こんな方にオススメ

・国際協力・途上国支援の活動にプロフェッショナルとして携わっている/携わりたい
・国際協力・途上国支援の活動に資金等の支援・助成をする立場にある
・国際協力と、日本国内のまちづくりとの両方に関心がある
・ODA(政府開発援助)に関わっている/興味がある
・メタファシリテーション実践者の話を聞きたい

話し手 西田基行(にしだもとゆき)

(特活)磐田まちづくりネットワーク まちづくりサポーター/コミュニティ・ファシリテーター

Nishida1 Nishidasan03

O型・山羊座、巳年、昭和生まれ。 海外に行ってみたい(できれば無料で)好奇心で青年海外協力隊(マレーシア)に参加、任国を大好きになったがマレーシア人になれず涙の帰国。 別れた国に未練たっぷりでJICAの在外業務に参加、以来JICA(国際協力機構)が実施する技術協力プロジェクトや在外事務所の企画調査員として勤務、気が付くと途上国のことを何も知らないことに気付く。 数々の事業を経験し、ついに2004年「PKPM ODAの新しい方法論はこれだ」にたどり着いた。

参考HP

ブログ 「僕らでつくる僕のまち」
ブログ 「【PKPM通信】僕らでつくる僕のまち」
PKPM通信は、2004年から2006年の3年間に東南アジアのインドネシアで行われたJICA(国際協力機構)の開発援助事業に参加した筆者が現地での活動を不定期に友人たちに送り続けたメール通信。国際協力の現場で活動する日々の葛藤が語り告がれた物語です。
CDプロジェクトの紹介 (ODAがみえる、わかる-国際協力機構/JICA)

聞き手 宮下和佳(みやしたわか)

認定NPO法人ムラのミライ専務理事
Waka4
O型・乙女座・亥年生まれの関西人。会社員の傍らNGO活動に参加し始め、退職後ネパールに1年間滞在。企業・NGOの両方に関わり、自分にできる事を考 えた結果、帰国。2003年より関西NGO協議会に7年間勤務し、国際協力分野の人材育成・政策提言などに従事。その後、独自の活動方針と手法に魅かれて ムラのミライへ。1年半のインド駐在を経て、現在は団体全体の運営統括、人材育成などを担当。多忙に負けない心身のメンテナンスは、10年ほど続けている ヨガ。今回のトークイベントの表テーマは、期間・予算などをあらかじめ決めて実施する「プロジェクト」形式の活動の限界と可能性を考えること。裏テーマは西田さんの「問いを立てる力」を盗むこと。

参加申し込みフォーム

[contact-form-7 id="3953" title="form_trg_event"]

メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)とは

市民活動の現場で、同僚や学生とのやり取りの中で、こんな迷いを抱いたことはないでしょうか?
「どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか」
「援助者として、協力者として、教育者として相手の前に立った時、何をどう話せばいいのか」
「こちらから『導いて』よいのか、相手から『学ぶ』べきなのか」
メタファシリテーション(対話型ファシリテーションとは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援する実践的な技法として、ム ラのミライの共同代表である和田信明と中田豊一が開発した手法で す。この手法がまとめられた著書「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」は口コミで広まり、青年海外協力隊など国際協力の現場で活躍する人の間で、必読の書となっています。

メタファシリテーションは、身の回りの問題の解決にも有用です。例えば、家族や友人の悩み相談、職場での会議 や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りを充実させることができます。

参考書籍 *講座会場でも販売します

         

関連イベント

【入門】メタファシリテーションって何?気軽に知りたい 2時間講座
→メタファシリテーション 入門セミナー
【基礎】本格的にメタファシリテーションを学びたい 1日講座
メタファシリテーション 基礎講座Ⅰ
【実践】分野別に実践方法を学びたい 1日講座
メタファシリテーション 基礎講座Ⅱ
【実践】海外・日本でフィールドワークのある研修に参加したい
メタファシリテーション・フィールドワーク研修  沖縄・久高島、インド、ネパールなど
【事例】メタファシリテーションを使った活動の事例を知りたい
メタファシリテーション トピック別セミナー「あれがプロジェクトの分かれ道~『魚の捕り方を教える』の先にあるもの」