【中止】【9月・デリー】マイクロファイナンス・流域管理事業セミナーと研修(インド)のお知らせ

In 0 ENGLISH, 100研修・イベントの記録, 102メタファシ基礎講座Ⅰ・Ⅱ, 3 Upcoming trainings/ events by master


 

2015年9月4日から8日の「マイクロファイナンス・流域管理事業セミナーと研修」を実施する旨告知させて頂いておりましたが、残念ながら中止とさせていただくことになりました。開催情報共有のお願いを申し上げた結果、たくさんの方々から情報共有を行って頂けました。厚く御礼申し上げます。また近いうちにインドにて同様のセミナーと研修の開催を企画しております。今回参加申し込みを頂いた方々には、その時お会いできることを願っております。今後もどうぞ宜しくお願い致します。

1. セミナートピック
2. 開催予定日時
3. セミナーと研修の詳細
4. メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)とは?
5. 対話型ファシリテーション講座とは?
6. お申し込み・お問い合わせ
7. 参考図書

 

スラムに住む女性たちや村人たちが描く、地域のミライ

1993年の設立以来、ムラのミライ(旧ソムニード)は南インドに位置するアンドラ・プラデシュ州の農村部と都心部にて地域づくりのお手伝いを行ってきました。この夏、2007年に開始した小規模流域管理プロジェクトがいよいフィナーレを迎えます。これを機に、一緒に活動を行ってきた都心のスラムに住む女性たちや農村部に住む村人たちが、プロジェクトを通じて何を発見し、自分たちの地域の未来をどのように思い描き活動しているのかについて、私たちムラのミライと、カウンターパートのソムニード・インディア(SOMNEED INDIA)で共に活動をしてきたプロジェクト担当者二人が、プロジェクトを振り返りながらご紹介します。

MWS field

インド・アンドラプラデシュ州 スリカクラム

「対話型ファシリテーション」を使った支援の方法

また、過去20年の現場経験から独自に開発された体系的且つ具体的な手法「メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)」とは一体何なのか、プロジェクトにどのように用いられ、その結果得られたことについても、具体的な事例を交えながらお伝えします。セミナーで紹介される「メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)」についてより理解を深め、現場で実践していくための基礎講座の開催も予定しています。合わせてご参加ください。

VVK woman

南インドアンドラ・プラデシュ州のスラムに住む女性たちが立ち上げた信金(マイクロファイナンス)

 

1. セミナートピック

セミナー名(邦題):地域住民主導による小規模流域管理セミナー
~持続可能な地域活動を可能にするためには?インド・アンドラ・プラデシュ州の事例から~
セミナー名(英語):Seminar on Micro Watershed Management with Local Initiatives;
What makes possible “sustainable community activity”? By introducing the story of project in Andhra Pradesh
メインスピーカー:前川香子 (日本 (特活)ムラのミライ所属 ファシリテーター・事務局次長)
Seminar on MWS

セミナー名(邦題):エンパワメントとは?
~インド・アンドラプラデシュ州ビシャカパトナムの都心スラムにおける事例から~
セミナー名(英語):What is “Empowerment”?
By introducing the story of project in urban slum in Visakhapatnam, Andhra Pradesh
メインスピーカー:M. ラマラジュ (南インド アンドラプラデシュ州 地域開発専門家・ファシリテーター)

Seminar on Micro Finance

上へ

 

2. 開催予定日時

    1. 9月4日(金)(午前10:00~午後4:30):地域住民主導による小規模流域管理セミナー(英語)
    2. 9月5日(土)(午前10:00 ~午後5:00):メタ・ファシリテーション基礎講座 (英語)(対話型ファシリテーション)
    3. 9月6日(日)(午前10:00 ~午後5:00):メタ・ファシリテーション基礎講座 (日本語)(対話型ファシリテーション)
    4. 9月8日(火)(午前10:00~午後4:30):マイクロファイナンスセミナー(英語) キャンセル

9月8日(火)マイクロファイナンスセミナーに関するお知らせ
8月27日時点で最少催行人数に達せず開催が難しいと判断したため、今回は開催を見送ることにしました。参加登録を頂いた皆様にはご迷惑をおかけしております。次回の機会にお会いすることを楽しみにしております。その他の9月4日の小規模流域セミナー、5日・6日の対話型ファシリテーション基礎講座の参加受付は8月30日まで行っております。皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

申し込み

開催場所マップ

9月4日(金)と9月6日(日) (上記リストの1&3)

Map_Abstract 4&6 Sep

9月5日(土)と9月8日(火)(上記リストの2&4)

Map_Abstract 5&8 Sep

参加申し込み締切日:2015年8月30日

上へ

 

3. セミナーと研修の詳細

地域住民主導による小規模流域管理セミナー(英語)(9月4日)

Prahapur Business Centre

Paharpur Business Centre Nehru Place

メインスピーカー:前川香子
日時:9月4日 金 午前10時~午後4時半
会場:Paharpur Business Centre Nehru Place (6階)
6階の “Gulmohar-Chinar-Pine Room”までお越しください。
定員:30人
参加費:1,800インドルピー(昼食代込)
使用言語:英語
(セミナーは英語で実施しますが、必要に応じて日本人スタッフが補足説明・通訳いたします)

注1:セキュリティーチェックがあるため、パスポートやインドで認められる運転免許証、PANカード、Voter’s card 等、IDをご持参ください。
注2:飲食物の持ち込みは禁止されています。お茶、コーヒー、飲料水は会場にて提供されます。

申し込み

上へ

メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)基礎講座(英語)(9月5日)

講師:M.ラマラジュ
日時:2015年9月5日(土)午前10時~午後5時
会場:New Delhi YMCA Jai Singh Road (Glass room)
定員:10人
参加費:8,000 インドルピー (昼食代込)
使用言語:英語
研修内容:

  • メタ・ファシリテーション理論
  • 最重要基本姿勢について ―事実質問
  • 具体的な手順と考え方 ―ファシリテーションを組み立てる技法
  • 具体的な練習方法

 申し込み

上へ

メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)基礎講座(日本語)(9月6日)

講師:前川香子
日時:2015年9月6日(日)午前10時~午後5時
会場:南デリー・サフダルジャング・エンクレーブ 付近 (Deer Park、「大和屋」さん近く)
参加者の方々には前日までに、詳細住所をお知らせいたします。
定員:10人
参加費:8,000 インドルピー (昼食代込)
(日本通貨でお支払いをご希望の場合、16,000円でお願いします)
使用言語:日本語
研修内容:

  • メタ・ファシリテーション理論
  • 最重要基本姿勢について ―事実質問
  • 具体的な手順と考え方 ―ファシリテーションを組み立てる技法
  • 具体的な練習方法

 申し込み

上へ

マイクロ・ファイナンスセミナー(9月8日) 【キャンセルとなりました】

メインスピーカー:M ラマラジュ
日時:9月8日 火 午前10時~午後4時半
会場: The Park Hotel
定員:30人
参加費:2,500インドルピー(昼食代込)
使用言語:英語
(セミナーは英語で実施しますが、必要に応じて日本人スタッフが補足説明・通訳いたします)

 申し込み

8月27日時点で最少催行人数に達せず開催が難しいと判断したため、今回は開催を見送ることにしました。参加登録を頂いた皆様にはご迷惑をおかけしております。次回の機会にお会いすることを楽しみにしております。

上へ

4. メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)とは?

ファシリテーションは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援するためのソフトウエアの一種でワークショップや研修などで使用するための技法を指すことが一般的です。とはいえ、実際のソーシャルワークの現場は不規則で不定形なもので、ワークショップなどの整った場を設定できることは稀です。職場での会議や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りも事情は同じです。
そんな中、ムラのミライ(旧称・ソムニード)共同代表の和田信明・中田豊一は、国際協力の現場で使える実践的なファシリテーション手法の開発に長年努め、2010年10月には、その成果を著書「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」という形で世に出しました。

上へ

5. 対話型ファシリテーション講座とは

現場でのやり取りの中で、こんな迷いを抱いたことはないでしょうか?

「どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか」
「援助者として、協力者として、教育者として相手の前に立った時、何をどう話せばいいのか」
「こちらから『導いて』よいのか、相手から『学ぶ』べきなのか」
対話型ファシリテーションとは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援する実践的な技法として、国際協力の現場で開発したものです。シンプルな対話を通して当事者主体の学びと気づき、さらには行動変化を促します。国際協力分野はもちろん、福祉、教育、地域活動などに携わる方をはじめ、実践的なコミュニケーションとファシリテーションの手法を求めるすべての方におすすめします。基礎講座では、対話型ファシリテーションの基礎的な考え方を学び、この手法に基づいた対話の練習をおこないます。

上へ

6. お申し込み・お問い合わせ

[contact-form-7 id="4804" title="form_semi_Dheli_Japanese"]

7. 参考図書

途上国の人々との話し方 国際協力メタ・ファシリテーションの手法

Tojyoukoku

Reaching out to Field Reality

Reaching out to Field Reality

 

上へ