五感を使って体験、インド・南国港町おばちゃん信金ツアー

In 3 講座・イベント, 32 メタファシリテーション講座 ステップ1~3, 33 フィールド研修 by master

※5/21更新情報:申込締切を延長しました!→申込締切は6月1日(月)です。


『南国港町おばちゃん信金』の世界をリアルに体感!obashinbookcover2

同書の舞台、インド アーンドラ・プラデシュ州ビシャカパトナムの「おばちゃん信金」を訪ねるツアーがついに実現します。

ときには著者を泣かせ、ときには笑わせ、ともに成長してきた同書のヒロイン、スラムの女性たちが立ち上げた「おばちゃん信金」。
プロジェクトが終了して数年が経った現在も、彼女たちの手で「おばちゃん信金」の活動は継続されています。それを可能にしたのは何か?ぜひ、現場で体験してください。obashinmanga

「しぶとくて」「したたかで」「心やさしい」信金のおばちゃんたちと、生きるエネルギーあふれる南国港町を一緒に訪ねませんか?

 原康子著『南国港町おばちゃん信金:「支援」って何?”おまけ組”共生コミュニティの創り方』書籍情報はこちら→http://www.shinhyoron.co.jp/978-4-7948-0978-0-2.html (新評論HP)

そんなおばちゃん達の信金プロジェクト通信、PCUR-LINK便りはこちらから
http://muranomirai.org/category/pcurlink

Smile_Mtg  オバ信2

ツアーのポイント

・スラムの女性が立ち上げたマイクロクレジット「おばちゃん信金」こと「VVK」の活動と彼女たちの暮らしを体験します。
・本書の著者、原康子(ムラのミライ公認トレーナー)による「対話型ファシリテーション基礎講座」や参加者一人一人に応じた現場でのコーチングを実施。著者がインドで会得した「援助しない技術」を現場で学ぶことができます。
・関西国際空港からの全行程にムラのミライスタッフが同行しますので、初めてインドを訪れる方でも安心です。

もっと詳しく!ツアーの特色はこちらから ツアーの特色

おばちゃん信金ツアーちらし
おばちゃん信金ツアーのチラシのダウンロードはこちらから!

募集要項

開催期間

2015年6月26日(金)から7月2日(木) 7日間

※関西国際空港発着(他空港発着ご希望の方はお問い合わせください)
※添乗員は同行しません。呼びかけ団体であるムラのミライのスタッフが全行程参加。

旅行代金

220,000円(4人以上)/200,000円(6人以上)
※旅行代金に含まれないもの
・燃油特別付加運賃33,200円、航空保険料1,000円、関西空港使用料3,040円、現地空港税約3,000円(2015年4月現在)
・渡航手続き費用、旅券印紙代、インド査証代、およびその手数料
・海外旅行保険料
・旅行日程に明示されていない飲食代及びそれにともなう税、サービス料

募集予定人数 

8名
※最少催行人員 4名 予定人数になり次第、締め切ります

 申込締切

※5/21更新:申込み締切を延長します

2015年6月1日(月)
5月21日から6月1日のあいだにお申込みいただいた場合、予約時の航空便の空き状況により、追加の航空賃をいただく可能性があります。あらかじめご了承ください

 

概要

訪問地

インド アーンドラ・プラデシュ州ビシャカパトナム市

利用宿泊施設

Classic Hotelまたは同等のホテル(ビシャカパトナム市内)

食事

朝5回、昼5 回、夕5回

利用航空会社

シンガポール航空

参加条件

・18歳以上(但し高校在学中の方を除く)
・海外旅行保険について
旅行保険は株式会社マイチケットで加入することが条件となっております。旅行保険は指定のタイプにご加入ください。
・事前に『南国港町おばちゃん信金』をお読みください。
書籍情報はこちら→http://www.shinhyoron.co.jp/978-4-7948-0978-0-2.html (新評論HP)

  お問い合わせ・お申し込みは・・・

ツアー呼びかけ団体

認定NPO法人 ムラのミライ

事前準備・滞在中のよくあるご質問はこちら→おばちゃん信金ツアーFAQ

旅行企画・実施

エアーワールド株式会社
大阪市中央区内本町2−2-14−207号
観光庁長官登録旅行業961号/日本旅行業協会(JATA)会員

問い合せ・申込み

詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、事前にご確認の上、お申込みください。

株式会社マイチケット
エアーワールド(株)代理店
日本旅行業協会(JATA)協力会員/兵庫県知事登録旅行代理店業第142号
総合旅行業取扱管理者:山田和生
〒660-0084 尼崎市武庫川町4丁目27-1
TEL 06-4869-3444 FAX 06-4869-5777 (担当:金谷静香)
kanaya@myticket.jp http://www.myticket.jp
営業時間:平日10:00~18:30、土曜日10:00~15:00、日祝は休業

スケジュール

日付 行程(予定) 宿泊 食事
6月26日(金) 8:15 関西国際空港集合
10:55 関西国際空港発
16:35 シンガポール着
20:25 シンガポール発
22:05 ビシャカパトナム着
ホテル(ビシャカパトナム市内)
27日(土) 午前:オリエンテーションののち、「おばちゃん信金」事務所を訪問
午後:ビシャカパトナム市内観光とおばちゃんたちの生活を覗く。
夕方:ビシャカパトナム街歩き
ホテル(ビシャカパトナム市内) 朝、昼、夕
28日(日) 終日:対話型ファシリテーション講座
夕方:ビーチ散策
ホテル(ビシャカパトナム市内) 朝、昼、夕
29日(月) 午前:ビシャカパトナム暮らし体験ツアーの企画
午後:「おばちゃん信金」事務所にて、事務所の日常業務を観察(1)
ホテル(ビシャカパトナム市内) 朝、昼、夕
30日(火) 午前:「おばちゃん信金」事務所にて、事務所の日常業務を観察(2)
午後:ツアーのふりかえり、信金スタッフへのフィードバック内容まとめ、質疑応答
ホテル(ビシャカパトナム市内) 朝、昼、夕
1日(水) 午前:ローン貸出日の業務を観察とインタビュー
午後:「おばちゃん信金」スタッフへのフィードバック、ショッピング
22:55ビシャカパトナム発
5:50シンガポール着
機中泊 朝、昼、夕
2日(木) 13:55 シンガポール発
21:30 関西国際空港着

 

VVP6    3

ツアーの特色 

 ツアーの特色1

character1本の世界をリアルに!おばちゃん信金の現場に学びます―スラムのおばちゃんたちが運営する信金を訪問

本で紹介したおばちゃん信金に実際に足を運び、「支援」、「共生コミュニティ」、「パートナーシップ」とはどういうことか、 自分の目で確かめてください。
私たちが「スラムのおばちゃんたち」に対して抱いている「思いこみ」や「イメージ」とは何なのか、現場のリアリティーに向き合います。

ツアーの特色2

「援助しない技術」を学びます―対話型ファシリテーション講座

おばちゃん信金元プロジェクトマネージャーで、ムラのミライで培った経験豊かな著者が、「1日対話型ファシリテーション基礎講座」を実施します。

 ツアーの特色3

character2信金のおばちゃんの仕事と暮らしを体験します―スラムの生活体験

生活体験では、事前におばちゃんたちと参加者が一緒に計画を立て、世界に一つしかない体験ツアーを企画します。スラムで信金スタッフのおばちゃんたちの家事や信金の仕事を体験できます。おばちゃんたちの生活や習慣を目、耳、舌、鼻、皮膚を通じて体験しながら、おばちゃんたちと友好を深めるのはもちろん、研修で学んだ技術を実践するまたとない機会です。

ツアーの特色4

南インド名物アーンドラ・プラデッシュ料理を胃袋で体験(希望者のみ)

ツアー期間中は、1年のうち、最もマンゴーが甘い季節です。日本では高級料亭の期間限定デザートにもなっているアーンドラ・プラデッシュ州産のマンゴー。濃厚な味を毎日思う存分お楽しみいただけます。
また、南インド料理は、日本にある数多いインド料理店(ほとんど北インドのカレー)とは、ひと味もふた味も異なり、種類豊富な朝食から普段の料理、おもてなし料理など、とても豊かな食文化を持っています。ツアー中には、そんな食文化を楽しんでいただく時間もあります。参加者の皆さんの香辛料プラス糖度のお好みに合わせて、様々な南インド料理&スイーツをご用意します。

 

こんな方におススメ

・『南国港町おばちゃん信金』を読んで、書籍の舞台であるインドに行ってみたい!と思いを馳せている方
・本書の「援助しない技術」に衝撃を受け、現場の見方や住民主体の地域づくりに必要な基礎を学びたい方。プロジェクト終了後もスラムのおばちゃんたちによる信金活動が続いている秘訣を知りたい方
・国内外で対人支援、地域づくりに関わっている方
・途上国の現場や女性、マイクロクレジット、コミュニティ開発に関心のある方
・地域住民とのコミュニケーションで悩んだ経験のある方(例えば現場で毎回支援対象者の言うことが違う、何回もミーティングに参加してくれと言わないと参加しない、など)

講師

・原康子(南国港町おばちゃん信金著者・ムラのミライ契約コンサルタント)
・おばちゃん信金(VVK)設立メンバーとスタッフ ほか経験豊かなムラのミライの現場スタッフ
※ツアー期間中、「援助しない技術」の生みの親で同書に登場した「親方」こと、和田信明(ムラのミライ設立者)との会食あり。

対話型ファシリテーション基礎講座の内容

「事実質問に始まり、事実質問に終わる」という「援助しない技術=メタファシリテーション技術」。まず半日で、対話型ファシリテーションの基礎的な考え方と同手法に基づいた対話の練習をおこないます。残りの半日で、おばちゃん信金設立のきっかけとなった「マイクロクレジット」をテーマにした対話の練習を行います。

参加希望者の声

「大学院でマイクロクレジットを勉強し、協力隊員になってから、同事業の担当になったのですが、持続可能性(事業終了後の活動の継続性)に疑問を持っています。このツアーに参加して、おばちゃんたちに対する理解を含め、対話型ファシリテーションの基礎を学び、今後の自分の活動に活かしたいと思います」(女性、現役JOCV隊員)

「“南国港町おばちゃん信金”を読んで目から鱗でした。しかし、本当に援助しない技術など本当にあるのか、やっぱりわからないので、現場で実際に見てみたいです。会議がウルサイ、という信金のおばちゃんたちの声の大きさも実際に聞いてみたいです(女性、NGO職員)」