対話型ファシリテーション テーマ別講座 6月開催(東京)

In 103-3メタファシ トピックセミナー/テーマ別講座 by master


P2062652
対話型ファシリテーションを地域開発プロジェクトや村おこし・まちづくり・地域活性化の活動の中で実践していく際、活動の計画づくりやモニタリングをどのように住民主体でおこなっていくのか。
講師と参加者のやり取りを通じて、しっかり学ぶ講座です。
対話型ファシリテーション基礎講座修了生のみ参加して頂けます。
また、「モニタリング・評価」講座は「アクションプラン」講座修了生のみ参加して頂けます。

アクションプラン(行動計画)づくりと対話型ファシリテーション

日時:2015年6月27日(土)10時から16時
会場:飯田橋 朝日会議室2F (東京都千代田区飯田橋4-4-8 )
定員:16人 締め切りました
参加費:13,000円
*「アクションプラン」「モニタリング・評価」2日間連続受講の場合の参加費:2日間で22,000円
講師:中田 豊一(NPO法人ムラのミライ 代表理事)

モニタリング・評価と対話型ファシリテーション

日時:2015年6月28日(日)10時から16時
会場:NATULUCK茅場町新館 4F大会議室 (東京都中央区日本橋兜町 12-7)
定員:16人 空席あり
参加費:13,000円
*「アクションプラン」「モニタリング・評価」2日間連続受講の場合の参加費:2日間で22,000円
講師:中田 豊一(NPO法人ムラのミライ 代表理事)

お申込み・お問い合わせ

下記申込フォームに入力・送信してください。お申込みいただいた後、事務局より確認のメールをお送りいたします。お申込みに携帯電話メールアドレスをご利用の場合はドメイン「muranomirai.org」からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
[contact-form-7 id="3464" title="form_trg"] P7010010

対話型ファシリテーション/メタファシリテーションとは

ファ シリテーションは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援するためのソフトウエアの一種でワークショップや研修などで使用するための技法を指すこと が一般的です。とはいえ、実際のソーシャルワークの現場は不規則で不定形なもので、ワークショップなどの整った場を設定できることは稀です。職場での会議 や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りも事情は同じです。
そんな中、ムラのミライ(旧称・ソムニード)共同代表の和田信明・中田豊一は、国際協力の現場で使える実践的なファシリテーション手法の開発に長年努め、 2010年10月には、その成果を著書「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」という形で世に出しました。
「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」みずのわ出版2010年11月発行定価:3,500円(+税)ISBN-10: 4864260052

講座の特徴

首 尾一貫した方法論に基づく、完全にオリジナルなコースです。講座の中身は、講師の中田が、この道の達人や名人とされる諸先輩のお手伝いをしたりいっしょに 活動する中で、学んだり盗んだりしたファシリテーションやコンサルテーションの極意を独自に体系化し手法化したもので主に構成されています。講座では、人 間科学に基づいて、理論と実践のつなぎ目を徹底的に検証しながら繰り返し練習することで、手法を自分のものにしていきます。当講座は、従来の「講座のため の講座」とは、特に次の点が違います。
‐日常訓練の方法を伝授;日常の活動の中で、ワークショップなどのファシリテーターを行う機会に恵まれることは稀です。そこで、この講座では、学んだこと を日常生活や仕事で練習するための訓練方法を、講義と演習を通して伝授します。丸1日の講義だけで、確実に役立つのはそのためです。公的な活動にとどまら ず、家族や職場の同僚などとの日常的なコミュニケーションにおいても役立つことは、これまでの参加者の経験からも実証済みです。
‐実践的で柔軟な組み立て:参加者の状況や要望に合せて進行を変えます。参加者の個別の課題を取り扱うなど、実践的、現実的であることを最優先して進めて行きます。

中田豊一