ムラのミライの地域づくりプロジェクトでは、「何かを与える」のではなく、地域に存在する様々な資源を活用する方法を考えます。
考え
計画し
実行していくチカラを
地域の人々が身につけていく
―――そんな長い道のりを、ムラのミライは各国・各地域の人々と共に歩んできています。

実施中のプロジェクト

インド 森づくりは人づくり

R0040123
荒廃がすすんだ森林、土、限られた水といった自然資源を守り、活用していくことは農村で暮らし続けていくためのいちばんの基礎となります。ムラのミライは、個々の村人ではなく村全体で、こうした自然資源を有効利用(マネジメント)できるよう、さまざまな技術支援として、村の人たちが、自分たちの森や水資源を自分たちで再生し、守っていくために必要な研修や土木作業をおこなってきました。そして、その資源をフル活用する農業を実践することで「出稼ぎせずに、村で食べていける暮らし」をつくります。
活動地
インド アーンドラ・プラデシュ州スリカクラム県の農村
活動内容
地域住民主導による小規模流域管理(マイクロ・ウォーターシェッド・マネージメント)
森林再生を通した共有資源管理とコミュニティ開発
プロジェクトの概要・成果(2013年次報告書:プロジェクト概要特集ページ)を見る
プロジェクトの概要・成果(2014年次報告書:プロジェクト概要特集ページ)を見る
プロジェクトの道のりを見る
現地からの最新情報を見る

このプロジェクトの内容が読める書籍のご紹介

途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法

ネパール バグマティ川の浄化と環境教育で、地域のつながりを取り戻す

首都カトマンズを流れるバグマティ川の水質汚染を改善していくため、地域の学校をまきこんだ環境教育をすすめていきます。
プロジェクトの概要・成果(2013年次報告書:プロジェクト概要特集ページを見る
プロジェクトの概要・成果(2014年次報告書:プロジェクト概要特集ページを見る
現地からの最新情報を見る

動画で見るプロジェクトの様子 2014/06/10 私のバグマティ川 今と未来

セネガル 農村で暮らし続けるためのファーマーズ・スクール

ムラのミライ初のアフリカでの活動として農村開発プロジェクトをスタートさせるべく、準備を進めています。
プロジェクトの概要・成果(2013年次報告書)を見る
プロジェクトの概要・成果(2014年次報告書)を見る
最新の進捗報告を見る

日本(飛騨高山) コミュニティスペース「まちづくりスポット飛騨高山」のたちあげ・運営

飛騨高山に、2012年11月1日(木)オープンした商業施設(フレスポ飛騨高山)にできたのは、地域活性化をサポートするコミュニティスペース「まちづくりスポット飛騨高山」、通称「まちスポ」。「まちスポ」はムラのミライと大和リース(株)との協働(CSR)で新しいスタッフと共にNPO法人を立ち上げ、2013年3月にNPO法人まちづくりスポットとして、法人の認証を受けました。新しく法人となった「まちづくりスポット」は、地域のまちづくり活動やコミュニティビジネス応援などのプラットホームとなることも目指しています。この企業とNPOの協働活動が認められ、2013年第10回パートナシップ大賞優秀賞を受賞いたしました。
まちスポ公式ホームページを見る
プロジェクトの概要・成果(2013年次報告書)を見る
現地からの最新情報(飛騨高山)を見る

終了したプロジェクト

インド 仲間と助け合う、おカネの仕組み

DSCF1119

都市スラムに暮らす女性たちが自ら立ち上げた、小さな信金(マイクロ・ファイナンス)。ムラのミライは、彼女たち=スラムの「オバチャン」たちの試行錯誤を、側面支援しました。
活動地
インド アーンドラ・プラデシュ州ビシャカパトナム
活動内容
スラム女性が運営するマイクロファイナンス協同組合Visakha Vanitha Kranthi(VVK)の設立・マネジメント支援
支援を卒業したオバチャンたちの様子(2013年次報告書)を見る
→プロジェクトの概要・成果を見る
フェーズ1 2004年7月~2007年6月スラムのオバチャン信金が誕生するまで
フェーズ2 2010年3月~2011年7月オバチャン信金立て直し&拡大
プロジェクトの道のりを見る

このプロジェクトの内容が読める書籍のご紹介

途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法
南国港町おばちゃん信金 『支援』って何?“おまけ組”共生コミュニティの創り方

動画で見るプロジェクトの成果 2012/11/30 インド スラムの女性銀行家