【2015年秋・冬】対話型ファシリテーション基礎講座(カトマンズ)

In 0 ENGLISH, 102メタファシ基礎講座Ⅰ・Ⅱ, 3 Upcoming trainings/ events, 9 未分類 by master


20150912 Basic course in KTM2015年9月に開催されたネパール・カトマンズでの対話型ファシリテーション基礎講座。沢山の方々にご参加頂き、盛況のうちに終えることができました。只今、参加者の声を皆さんにお届けできるように準備中です。
さて、日本国内では定期的に開催されているメタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)基礎講座。参加したいのに国内研修と帰国のタイミングが合わない、現地ローカルスタッフにも英語での基礎講座を受講する機会があればいいのに、、といった参加希望者や、スタッフの参加を支援したいという方々からのご要望にお応えするためにも、2015年秋・冬にも継続して基礎講座@カトマンズを企画しています。日本語以外(英語やフランス語)での基礎講座日程はこちらをご参照ください。

目次

  1. 2015年10月・11月・12月 カトマンズ開催スケジュール
  2. 基礎講座終了生の方に リピーター参加のご案内
  3. メタ・ファシリテーション(対話型ファシリテーション)とは?
  4. 参加申し込み・問い合わせ
  5. 参考図書

 

1.2015年10月11月12月 ネパール・カトマンズ開催スケジュール

対話型ファシリテーション基礎講座 【日本語】

10月29日(木) 午前9時半~午後5時半 延期
11月7日(土) 午前9時半~午後5時半 延期
12月13日(日) 午前9時半~午後5時半 終了しました

場所:ソムニード・ネパール事務所 (ボーダナート)
定員:15名
参加費:16,000円/13,000ネパールルピー
主催: ソムニード・ネパール

SOMNEED Nepal Map
マップをクリックしてください。

Top

 

基礎講座修了生の方に リピーター参加のご案内

基礎編を過去に受講した方や、インドでのコミュニティファシリテーター研修を 受講された方は参加費5,000円(4,000 NPR) で受講していただけます。午前または午後のみ参加する場合は、3,000円(2,000 NPR) です。ムラのミライ/ソムニード主催以外の中田豊 一による同種の研修を受講した方は10,000円(8,000 NPR) にて受講していただけます。お申込みフォームの備考欄に「参加された講座の年月・場所」をご記入ください。

関連イベント

基礎講座のさらに上級編として、インドでのフィールド研修に参加したい
コミュニティファシリテーター研修

2.対話型ファシリテーションとは?

ファシリテーションは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援するためのソフトウエアの一種でワークショップや研修などで使用するための技法を指すことが一般的です。とはいえ、実際のソーシャルワークの現場は不規則で不定形なもので、ワークショップなどの整った場を設定できることは稀です。職場での会議や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りも事情は同じです。
そんな中、ムラのミライ(旧称・ソムニード)和田信明(元共同代表理事)・中田豊一(代表理事)は、国際協力の現場で使える実践的なファシリテーション手法の開発に長年努め、2010年10月には、その成果を著書「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」という形で世に出しました。
現場で、同僚や学生とのやり取りの中で、こんな迷いを抱いたことはないでしょうか?
「どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか」
「援助者として、協力者として、教育者として相手の前に立った時、何をどう話せばいいのか」
「こちらから『導いて』よいのか、相手から『学ぶ』べきなのか」
対話型ファシリテーションとは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援する実践的な技法として、国際協力の現場で開発したものです。シンプルな対話を通して当事者主体の学びと気づき、さらには行動変化を促します。国際協力分野はもちろん、福祉、教育、地域活動などに携わる方をはじめ、実践的なコミュニケーションとファシリテーションの手法を求めるすべての方におすすめします。基礎講座では、対話型ファシリテーションの基礎的な考え方を学び、この手法に基づいた対話の練習をおこないます。

Top

3. 参加申し込み・お問い合わせ

[contact-form-7 id="5021" title="form_trg_Eng_KTM_copy"]

Top

 

4.Reference book/参考図書

Tojyoukoku
途上国の人々との話し方 国際協力メタ・ファシリテーションの手法

Reaching out to Field Reality
Reaching Out to Field Reality: Meta-Facilitation for Community Development Workers

Top